活動報告2011

●エコキャンパスツアー@大阪大学 (1/22)

【実施日時】2011年1月22日(土)【場所】大阪大学吹田キャンパスhandai-ect01
2010年の上智大学での実施に引き続き、2回目となるエコキャンパスツアーを大阪大学で行いました。エコキャンパスツアーの実施企画およびツアー後の体制づくりにあたっては、「大阪大学CCC」が発足し、学生教職員間の交渉において中心的な役割をはたしています。

エコキャンパスツアーとは?
大学キャンパスにおいて、施設利用の方法を見直し、また改善し、今後に向けた持続可能性を着実に高めていくには、学生・教員・職員をはじめとした学内の関係者間の協力体制が必要不可欠です。しかし多くの大学の場合、実際にそれらの関係者間で意見を交換し、協働で具体的な計画をすすめていく機会が、十分にあるとは決して言えません。
エコキャンパスツアーでは大学の施設利用者の大半を占める学生と、大学の施設管理に関わる職員、そして各分野知識の専門家である教授陣や、その他関係者が、ともに学内を見て回り、省エネの観点から、要改善個所について討議します。この過程で、より広い視点からアイディアを共有し、その後の現実的かつ確実な改善策の実施にむけて、全学的な協力関係の基盤をつくることが期待できます。
handai_ect02当日は大阪大学学生、他大学学生、学内教職員から計16名が参加し、施設省エネ化の工夫、今後の学内協力体制のあり方について等、活発な議論がおこなわれました。また本ツアー以降は、大阪大学CCCが中心となり、エコキャンパスアイディアコンテスト2011(学内の省エネのための施策案を学生から公募)の開催、学生参加型の環境報告書の作成など、教職員学生間の協力による様々な企画が実施されています。
■ 当日スケジュール
13:00 開会
13:00~14:30 三重大学の取組み事例と大阪大学の現状
14:45~15:45 ツアー
15:50~17:30 ワークショップによる意見共有
17:30~17:50 閉会式

●低炭素杯2011(02/05-06)

2月5日、6日に開催された「低炭素地域づくり全国フォーラム実行委員会」主催の「低炭素杯2011-低炭素地域づくり全国フォーラム-」に出場し、最優秀賞 コミュニケーション賞を受賞しました。

teitanso21

teitansohai_m1teitanso11

●米国におけるCampus Climate Challengeの最新事例取材 (4/15-18)

【日程】2011年4月15日~4月18日
【取材地】アメリカ合衆国、ワシントンDC
【取材内容】PowerShift2011
【主催】Energy Action Coalitionpowershift2011Campus Climate Challengeキャンペーンの発祥の地であり、大学キャンパスサステナビリティーの先進国でもあるアメリカへ、CCCの最新事例に関する取材へ行きました。
アメリカでは、2年に1度、大規模な学生のアドボカシーイベント”PowerShift”が、米国学生環境団体Energy Action Coalitionによって主催されています。
PowerShiftには全米、カナダから、環境問題に関心のある学生が集まり、第1回PowerShift2009、第2回PowerShift2011と、各年1万人以上の参加者が数えられています。PowerShift期間中はクリーンエネルギーに支えられた社会の創出方法や、その実現過程に学生が果たすべき役割が、ワークショップ形式で話し合われ、大学における持続可能性の実現は、その重要なテーマの一つとなっています。取材の詳細はPOWERSHIFT2011参加報告書 (PDFファイル 678KB)をご参照ください。

●エコプロダクツ2011ブース出展 (12/15-17)
●第3回エコ大学ランキング結果発表 (12/17)

【日程】2011年12月15日~17日(3日間)eco-univ-rankings01
【会場】東京ビッグサイト
【主催】(社)産業環境管理協会、日本経済新聞社
昨年に引き続き、日本最大級の環境展示会、エコプロダクツ2011にブース出展させて頂きました。
本年は同会場にて第3回エコ大学ランキング表彰式を併せて行い、ランキング総合順位が第1位から第3位までの名古屋大学、岩手大学、郡山女子大学の3校関係者の方々に表彰状をお贈りしました。
表彰式の様子は各種メディアから取材を受け、また、多くの方々にご観覧頂きました。
受賞されました皆様、当日ご来場いただきました皆様には、ご参加頂きありがとうございました。
なお、第3回エコ大学ランキングの総合順位結果は以下の通りです。

【第3回エコ大学ランキング総合順位】

eco-univ-rankings02

第 1 位 名古屋大学 (575.5点)
第 2 位 岩手大学 (538.1点)
第 3 位 郡山女子大学・同短期大学部 (517.0点)
第 4 位 日本工業大学 (508.4点)
第 5 位 成蹊大学 (480.0点)
第 6 位 愛知教育大学 (469.1点)
第 7 位 三重大学 (467.2点)
第 8 位 フェリス女学院大学 (452.7点)
第 9 位 千葉大学 (452.1点)
第10 位 東京都市大学  (447.0点)

より詳細な結果については第3回エコ大学ランキング結果速報(PDFファイル644KB)をご覧ください。